So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仁寺洞の通文館 [薪棚・海外物]

P_20180426_162213.jpg



ソウル滞在2日目、いつ行っても閉まっている「通文館」が開店していた。


清潔な店内、どの本にも丁寧に漢字で書かれた書籍のタイトル帯が取り付けられていて、探しやすい。

いくつか、とても貴重な和本があったが、予していた金額の10倍以上で手が出なかった。

店主は、気難しさなど一切なく、とても親切に応対してくれた。


krause

nice!(23)  コメント(0) 

nice! 23

コメント 0