So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

名著講義(藤原正彦) [日本文学・本棚]

 

名著講義

名著講義

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/12/09
  • メディア: 単行本
藤原が、お茶の水大で行った、12の著作についての講義。
学生からの乾燥・意見も参考になる。
krause

nice!(18)  コメント(0) 

胡麻の収穫 [薪棚・北総・里山・農村物]

sesam.jpg


胡麻を収穫し、しばらく干した後に脱穀します。


sesam1.jpg


今季は、たくさんの胡麻を採れました。


krause

nice!(18)  コメント(2) 

彼らが日本を滅ぼす(佐々淳行) [評論・思想・哲学・本棚]

彼らが日本を滅ぼす

彼らが日本を滅ぼす

  • 作者: 佐々 淳行
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/02
  • メディア: 単行本
民主党政権時の動きについて知りたくて購入。
この本を信じる限り、当時曖昧に感じていたことと事実?がほぼ一致していたことが確認できた。

krause

nice!(18)  コメント(0) 

京都・長岡京出張 [薪棚・雑記いろいろ]

P_20180822_123732.jpg


京都・長岡京へ、日帰り出張。現地滞在時間は、2時間以内。

それでも、京都の食事と酒が飲めてハッピーだった。


P_20180822_141216.jpg


新幹線内では、まだ山崎12年が売られていた。


結果の良い出張だったので、褒美に山崎を飲んだ。


krause

nice!(19)  コメント(0) 

私を通りすぎたスパイ・マドンナたち(佐々淳行) [エッセイ・本棚]

私を通りすぎたスパイたち

私を通りすぎたスパイたち

  • 作者: 佐々 淳行
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: 単行本
瀬島龍三が、ソ連(ロシア)のスリーパーとして書かれているのいうので入手して購入。
東芝ココム事件について、参考になった。
私を通りすぎたマドンナたち

私を通りすぎたマドンナたち

  • 作者: 佐々 淳行
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/07/29
  • メディア: 単行本
小池都知事について、2015年頃にどう書かれているのか、興味あって入手。
佐々氏の洞察力と人物評価が理解できた。
また、田中真紀子についての評価も、成程!という意味で面白かった。
krause

nice!(20)  コメント(0) 

昭和の怪物 七つの謎 (保阪正康) [東アジア関連・本棚]

昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)

昭和の怪物 七つの謎 (講談社現代新書)

  • 作者: 保阪 正康
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: 新書
瀬島龍三と石原完爾について、多少知りたいことがあったので入手。

彼らの著作を一読後にこの本を手にすると、多少興味深いことが分かる。
*岸信介は、「昭和の妖怪」だから、ここでは取り上げられていないのかもしれない。


krause

nice!(21)  コメント(0) 

ある明治人の記録ー会津人柴五郎の遺書(石光真人) [歴史(近代史)・本棚]



ある明治人の記録 改版 - 会津人柴五郎の遺書 (中公新書)

ある明治人の記録 改版 - 会津人柴五郎の遺書 (中公新書)

  • 作者: 石光 真人
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: 新書
なぜか幕末や明治維新にはあまり興味がなかった。
しかし、興味が無かったのではなく、単に知らなかったようだ。

この本は、数学者の藤原正彦が話題にしていたので、手にとってみた。
感想はここではあえて述べない。一度でなく、何度も読み返す本になりそうだからだ。
krause

nice!(18)  コメント(0) 

夏の収穫 [薪棚・北総・里山・農村物]

P_20180722_182811.jpg


今季も形の良いバターナッツが収穫できました。


krause

nice!(19)  コメント(0) 

眠る盃(向田邦子) [日本文学・本棚]

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

新装版 眠る盃 (講談社文庫)

  • 作者: 向田 邦子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/01/15
  • メディア: 文庫
戦前の家庭を垣間見ることができるのが楽しい。
素晴らしい文書力、向田の本は素晴らしい。

なぜか、向田邦子と武田 百合子の本は、書棚から見つからなくなってしまうことが多い。
仕事関連の本を優先しているからだろうか。

krause

nice!(19)  コメント(1) 

梅干しの土用干し [薪棚・北総・里山・農村物]

plum.jpg


土用干しには少し早いが、干し終えて壺の収めた


krause

nice!(25)  コメント(0) 
前の10件 | -