So-net無料ブログ作成
農林業・野外・薪ストーブ・本棚 ブログトップ
前の10件 | -

樹皮ハンドブック [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


樹皮ハンドブック

樹皮ハンドブック

  • 作者: 林 将之
  • 出版社/メーカー: 文一総合出版
  • 発売日: 2006/10/20
  • メディア: 単行本

シンプルな編集だが写真は見やすく使いやすい。
これからの山作業に重宝しそうだ。 

krause


nice!(23)  コメント(3) 

小さな農園主の日記 [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


小さな農園主の日記 (講談社現代新書)

小さな農園主の日記 (講談社現代新書)

  • 作者: 玉村 豊男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 新書

著者の農園に足を運んでみた。とても誠実に農業をされていることが伺えるきちんとした農園だった。
これに興味を持ち、玉村の本を読んでみようと数冊乳週してみた。
この本は、農業について書かれていることは、あまり多くなかったが、著者の生活を垣間見られた。

krause
nice!(21)  コメント(0) 

土壌診断の読み方と肥料計算 [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


だれにもできる土壌診断の読み方と肥料計算

だれにもできる土壌診断の読み方と肥料計算

  • 作者: 全国農業協同組合連合会肥料農薬部
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2010/02
  • メディア: 大型本

カンと曖昧な情報、そして過去の経験で土壌を考えているのは良くないと思い入手。

読みやすく分かりやすい良書。買って良かった一冊。

krause


nice!(16)  コメント(0) 

米価について (週刊朝日 2014年 11/7号) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]

今秋の米価の安さには、本当にびっくりした。

段階的に米価を国際競争価格に持っていくのは、ある程度納得はできる。しかし、このような急激な値崩れでは、優秀な米作農家にまで大きな負担を強いてしまう。

拙宅では、これから対応策を練ってコメ作りをしていかなければならない状況になった。

以下のグラフは、 週刊朝日 2014年 11/7号より抜粋:

P1100019.JPG

 

週刊朝日 2014年 11/7号 [雑誌]

週刊朝日 2014年 11/7号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/10/28
  • メディア: 雑誌

krause
nice!(14)  コメント(4) 

やさい畑(家の光協会) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


やさい畑 2013年 06月号 [雑誌]

やさい畑 2013年 06月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2013/05/02
  • メディア: 雑誌

内容に興味があるときに、時々入手して読んでいる本。自分の野菜作りの経験や思い込みの中に、ときどき(頻繁に??)非効率さや誤りをみつけることができるので、農業や作物関連の本に目を通すことは割合重要だ。

krause


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:

いのちを支えるスープ(辰巳芳子) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


あなたのために―いのちを支えるスープ

あなたのために―いのちを支えるスープ

  • 作者: 辰巳 芳子
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 単行本

この本に限らず、著者の何冊かの本は、食・農・医を考える上で非常に参考・勉強になった。そしてそれ以上に自身の物事に対する取り組み方、方法論について強く反省させられた。

知識・情報・理論は非常に重要だが、信念・思いの大切さを教えられたのは、李登輝氏の著作と似ているかもしれない。 

krause


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:

日本農業への正しい絶望法(神門喜久) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)
  • 作者: 神門 善久
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 単行本

私自身が農業にも携わっており、この本についてのコメントを思うがままに書くと膨大な字数になってしまうので、できる限り割愛し簡素にしておく。 

この本の内容はあまり愉快ではないが(著者に対して不愉快なのか著作が不愉快なのかナゾです)、正論だとは思う。また、著者の意見の多くは、私自身が真剣に受け止めなければならないと実感しているし、強烈に勉強になった。

しかし、現代の農業ブームを過去の「満洲ブーム(満洲への期待と希望)」に例えることについては、基本的には理解できるし反論しないが、若干安易な印象を受ける。著者は、満洲の終焉(満洲ブームの末路?)は悲惨なものだったというが、それは直接的な社会機構や民衆の暴動などによる破たんではなく、ロシアの攻撃によるものである。ロシアによる侵攻がなかったとしても、いずれは破綻していったという意見があるかもしれないが、著者はそこまでは述べていない。

「満洲ブーム」の例えなど、この本の内容の中ではどうでも良いことなのだが、それはちょっと揚げ足をとってやりたくなるくらい「不愉快で正しい内容」だ、という私の意地悪として理解していただきたい。この本を読んで良かったし、できれば、多くの人に読んで欲しい本だ、と追記しておく。

krause


nice!(16)  コメント(1) 
共通テーマ:

伐木造材のチェーンソーワーク(全国林業改良普及協会) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


伐木造材のチェーンソーワーク

伐木造材のチェーンソーワーク

  • 作者: 石垣正喜/米津要
  • 出版社/メーカー: 全国林業改良普及協会
  • 発売日: 2007/02/20
  • メディア: 大型本



林業関連業界では非常に高い評価を得ている本だったので、入手してみました。
伐木・チェーンソーの目立てについて、理論も含めて非常に詳しく説明してあります。今まで入手したチェーンソー及び伐木関連の本の中では、NO.1と言える本です。購入して良かった!です。

krause
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

農薬の光と影(村本昇) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


あなたが知らない農薬の光と影 よく分かる!農薬がこわくない理由

あなたが知らない農薬の光と影 よく分かる!農薬がこわくない理由

  • 作者: 村本 昇
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2009/10/01
  • メディア: 単行本



近代農法は、効率が良く・一定品質の大量生産向きですが(無農薬・有機農法の方が適していると主張される方もいるかもしれませんが・・・)、農薬の土壌や人体への影響などから兎角批判の対象になります。
私自身も、有機農法・無農薬栽培にあこがれながらも、なかなか実現できません。その最中、もう一度、農薬について見直してみようと思い手に取ってみたのがこの本です。農薬とその使い方について、参考になりました。今後、農業でどのような方向性を目指すにせよ、一読して良かったと思っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

わが農業革命(兼坂祐) [農林業・野外・薪ストーブ・本棚]


わが農業革命―世界一安い米づくりに挑む (中公新書)

わが農業革命―世界一安い米づくりに挑む (中公新書)

  • 作者: 兼坂 祐
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1988/05
  • メディア: 新書



この書籍は、一度本篇の「北総の薪棚」でも取り上げていたかもしれませんが、移行の意味も含めてこちらで、再度取り上げました。

兼坂先生は、北総中央部にある佐倉市角来の生まれで、土地改良に携わってきた人です。京成線の臼井駅から佐倉駅へ向かう途中にオランダ風車が見えるエリアがありますが、兼坂先生は主にこの一帯を大規模圃場整地してきました。兼坂先生は、土地改良に力を注ぐ一方で、年に数度の海外稲作調査旅行を開催していました。私も、数回ご一緒させて頂いたことがあります。残念ながら、兼坂先生はもうこの世にはいらっしゃらないのですが、先生の御遺志を引き継いでいらっしゃるたくさんの優秀な人たちが、印旛沼エリアで活躍されていると聞きます。私の住む集落はここから随分離れていますが、時々印旛沼付近を通りかかった時には、多少遠回りしてもこれらの水田を見にいくようにしています。水田の一部は、佐倉チューリップ祭りのチューリップ畑として使われているようです。

krause
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 農林業・野外・薪ストーブ・本棚 ブログトップ
メッセージを送る