So-net無料ブログ作成

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿 (黒田勝弘)

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

隣国への足跡 ソウル在住35年 日本人記者が追った日韓歴史事件簿

  • 作者: 黒田 勝弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本
だいだらぼっち さんのブログから、久々に黒田が新刊を出したことを知り、早速入手。

黒田らしい、韓国人にとっても「厳しくも愛情のある内容」だと感じる。
黒田本の最傑作ではないか、と思いながらページをめくった。

この本で紹介されていた、「森田芳夫」の朝鮮終戦の記録〈資料篇 第1巻〉日本統治の終焉 (1979年) が朝鮮半島での終戦時の第一級の資料だと知った。この本でもソウルの終戦時の状況を垣間見ることができたが、森田の本を入手してみたくなり調べてみると、なんと480,000円もする。価格はこの資料・書籍の価値を表しているのかもしれない。

    krause

nice!(21)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 21

コメント 1

めぎ

48万円は凄いですね~
本が好きでずいぶん高いのを購入してますけど、10万円以上のは流石に図書館頼みです。
by めぎ (2017-08-13 04:36) 

メッセージを送る